うどんより蕎麦!そばの栄養

ツルッと美味しいうどんですが、栄養面を考えるとそばの栄養が優れていることを知っていますか?ただお腹が膨れることで満足をするのではなく健康と美容、アンチエイジングにぴったりの歴史ある蕎麦を食しませんか?

そばの栄養。老化予防アンチエイジングうどんより蕎麦!そばの栄養

歳を重ねると、何歳になっても若く老化を予防したいのは誰でも同じ。
うどんとそばどちらかというと女性はツルッとした喉越しのうどんが好きな方が多いですが、美容と健康を考えるならばやはり【そば】を選ぶ。この情報を知るとそば人になるかもしれませんね。

 

ルチンでサラサラ血に

そばというと有名なのは、そばに含まれるルチンという栄養成分。ポリフェノールの一種というルチンがそばには豊富に含むため、以下の要素が効果を導きます。

  • 血管の弾力性を取り戻す
  • 血圧の低下
  • サラサラ血へ
  • 毛細血管強化
  • 酸化防止

GI値の低い食品蕎麦

低GI値食品という言葉を知っていますか?GI値が低い食品は食べた後急激に血糖値が上がるのがゆっくりとなるもので、血糖値がゆっくり上昇することでインスリン分泌もゆっくりとなるだけでなく、脂肪にもなりにくいのだそう。
(低GI値食品:オートミールなど)
また、低カロリーでもある蕎麦は同様の効果があるということで注目の美容食材の1つなのです。

その他注目の栄養ビタミンB1

蕎麦はルチンが多いことで有名ですが、またビタミンB1が多いことでも注目の食材です。
江戸時代の頃、白米が豊富に食べられていた時に脚気で悩まされた人がとても多かったと言われていますが、蕎麦に含むビタミンB1のお陰で脚気が解消されたことが効果的だったのかそこから蕎麦がトレンドになったと言われるほどのパワーの有るそば。

そばアレルギー

栄養の高い食材として人気なそばではありますが、一方で気になるのが【そばアレルギー】。
実は蕎麦はアレルギー物質を含む食品として食品衛生法施行規則により指定されている食材でもあるので、吐き気、呼吸が苦しくなる、や気分が悪くなることがある場合は医師と相談しましょう。

情報参照元:-Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/蕎麦

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here