鴨南蛮そばの鴨肉が美容食?

鴨南蛮そばの鴨肉が美容食?

冬の寒い時期といえば温かい鴨南蛮そばが恋しい季節ですが、なぜ鶏肉ではなく鴨肉とそばという組み合わせがあるのでしょうか?また鴨肉を食べると良い効果について調べてみました。

なぜ大晦日に年越しそばを食べる?

大晦日だからこそ縁起担ぎ

なぜ大晦日に年越しそば?諸説ありますが、年をこさず大晦日に年越しそばを食べることで様々な意味が込められていたというのです。江戸時代は本当に多くのそば文化を運んできていることがわかります。 大晦日だからこそ縁起担ぎ 江戸時代に定着してきた大晦日に食べる蕎麦の風習。 実は各地には地域ごとに異なる呼び方があるのです。 年越しそばー地域による呼び方色々 大晦日そば 運蕎麦 年取り蕎麦 年切り蕎麦 縁切り蕎麦 寿命蕎麦 福そば など 年越しそばの由来 江戸時代中期、商家では月の末日にそばを食べる習慣【三十蕎麦(みそかそば)】があり、それらが転じて大晦日だけに行われる年越しそばになったと考えられているのです。 (江戸時代には、毎月の最後の日を晦日(みそか)とされていた) 年を越してから蕎麦は食べない? ただなぜ大晦日だけにこだわるのかという点ですが、年越しをしてから蕎麦を食べるのは縁起が良くないこととしていたのですが、では年越しそばを食べるとどういった良い点があったと伝えられてきたのでしょうか? 年越しそばへ込められた願い 蕎麦を残すと新年は金運に恵まれず小遣い銭にも事欠く 細く長い蕎麦は年越しそばの長寿延命の意味 ソバ(刈り取る前の植物)は風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐ説 蕎麦が切れやすいことから、1年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った説 家族の縁が長く続くようにという意味ある説 他 各地の年越しそばの風習 新潟県:小正月(1月14日)の前日に食べる 福井県:濃い目の汁を大根おろしで蕎麦に掛け、ネギと鰹節をのせた越前そばとして食べる 福島県会津:元旦にそばを食べる 香川県:うどんを大晦日に食べる人もいる 沖縄県:日本蕎麦ではなく沖縄そばを食べる そばは全国各地で様々な食べ方で縁起担ぎのシンボルとして、長い間親しまれてきた健康食なのです。 また栄養も高いそば湯も一緒に最後までいただいて、新たな年を迎えましょう。 年越しも茨城で蕎麦を食べるなら!木挽庵へ 情報参照元:-Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/年越し蕎麦

なぜそば湯を飲むの?

そば湯

そばを食べた後のシメとしても昔から親しまれてきたそば湯。意味はあるの?なぜ飲むのか知っていますか? 江戸時代からの習慣 そばはうどんの比べ栄養価の高いたべものだということは以前お話しましたが、そばを茹でた汁をなぜ飲むのか気になるところです。   茹で汁だから栄養がある そば粉に含まれる即物製たんぱく質は良質です。ただ水に溶けやすく半分近くが茹で汁に流れでてしまうという難点もあるため、そばの麺そのものだけではなく茹で汁であるそば湯も最後まで美味しくいただくということなのだそう。 そば湯の栄養効果 このたんぱく質は興味深い体のサポートが期待できるということですが知っていましたか? 二日酔い軽減 高血圧による血栓予防 など そば湯の飲み方 ただ体調によって飲み方も様々。 そば湯だけ飲む 蕎麦を食べる際に残した薬味を一緒に入れて飲む 少しそば汁を加えて飲む 焼酎をそば湯で割って飲む こうして蕎麦を食べつつ、最後にそば湯を健康のために飲むという江戸時代からの習慣には、意味があったのですね。 情報参照元: ーそば湯:日穀製粉株式会社 http://www.nikkoku.co.jp/entertainment/sobajiten/007.php ー湯桶:遊鶴 http://www.yuzuru.hokkaido.jp/etc/knowledge/09/ 画像元:Amazon Japan

うどんより蕎麦!そばの栄養

うどんより蕎麦!そばの栄養

ツルッと美味しいうどんですが、栄養面を考えるとそばの栄養が優れていることを知っていますか?ただお腹が膨れることで満足をするのではなく健康と美容、アンチエイジングにぴったりの歴史ある蕎麦を食しませんか?

そばの種類と老舗系統

そばの種類と老舗系統

そばとは言えど一体どういった種類や蕎麦屋の系統があってどういったルーツがあるのか、聞かれたら答えられますか?日本そばの種類をまとめてみました。

そばの歴史

そばの歴史

元々日本の蕎麦はそば粉に熱湯を加え練って食べるそばがきから始まったとされますが、いつから蕎麦を食べるようになったのか歴史について調べてみました。 江戸時代ー慈性そばを食す 江戸初期(1619年 慶長19年)、京都の僧侶であった【尊勝院慈性】が江戸城へ来ることを目的に江戸にやって来たそう。 その際、仲間とされる江戸東光院詮長と近江の薬樹院久運の3名は常明寺でそばを食べたということを、慈性日記に書いたという記載があったことが、そばの始まりだそう。 料理物語ーそば切り方法 その後、1643年(寛永20年)に発行された日本初とされる料理専門書【料理物語】にそば切りの方法について記載があったということで、既に江戸ではそばは身近な食べ物として親しまれてきたということがわかります。 蒸しそば切りが人気 1688年(元禄)になると蒸しそば切りが人気なったそうです。 そば切りは江戸時代に蒸し蕎麦として食していた、つまりそば粉100%で茹でるとボロボロになるため、蒸していたということでしょう。 蒸気で蒸すことで、そばの甘みや香り、そしてもっちりとした食感を味わえるとか。 今では珍しいながらも興味深い食べ方です。 この頃、小説に江戸のおとこたちが昼間からそばを肴に日本酒をいっぱい。蒸し蕎麦を食べていたとも言われています。 せいろそばの由来 この蒸しそばをお客さんに出す際に蒸す器として使っていた蒸籠(せいろう)、ここから今のせいろそばが始まったとそう。江戸からの長い歴史がせいろそばにはあったのです。 元禄時代ーぶっかけそば 元禄時代になると、今まで蕎麦汁を付けて食べるのは面倒だという考えから、そばを掛けて食べるということが始まった、そこから【ぶっかけそば】が始まったとされています。 寛延4年刊の『蕎麦全書』によると、新材木町にあった「信濃屋」の「ぶっかけ」が始まりという記述もあるとか。 冬はかけそば 夏は冷たい汁、冬は温かい汁を掛けて食べるようになったことから、寛政より【かけそば】と呼ばれるようになったそう。しかしながらかけ蕎麦などは品の良い食べ方とは評価されず、一方の冷たいそばなどの従来のそばの食べ方を【もりそば】と呼び区別するようなったとされます。 シンプル食べ物ながら歴史あるそば。 そばの歴史や習慣を知りながら、美味しいそばを食べるのもいいものです。